赤ちゃんモデルの仕事

赤ちゃんモデルの仕事とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。赤ちゃんモデルの仕事としては、大きく分けて写真の被写体になるモデルの仕事と、テレビやCMなどメディアに出る仕事とがあります。詳しくご紹介していきましょう。

ベビー雑誌やカタログなどの表紙や衣装モデルとして、活躍する仕事があります。写真撮影を行い、その中で様々な衣装を着たり、ポーズを撮ったりして撮影が進められていきます。大将となる年齢幅が決められているので、活躍できる期間は限られてきます。一般公募されることも多いのですが、狭き門となっています。

特に活躍の場が限られている仕事が、CMやドラマなどメディアでの仕事です。オムツのCMなど、ベビー用品のCMもあれば、ドラマで赤ちゃん役として活躍することもあります。こちらは、ほとんどが事務所に所属している赤ちゃんが活躍しているので、メディアに露出したいのであれば、まずは事務所に所属する必要が出てきます。というのも、撮影を円滑に進めるためにも、撮影自体に慣れている赤ちゃんを起用したいと思っているスポンサーなどが多いので、スクールでレッスンを受けている赤ちゃんを求めているからなのです。

オーディションでは、赤ちゃん月齢や特性をピンポイントで求められることが多いので、数多くオーディションを受けて勝ちとっていくことが大切です。