赤ちゃんモデルの仕事

赤ちゃんモデルの仕事とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。赤ちゃんモデルの仕事としては、大きく分けて写真の被写体になるモデルの仕事と、テレビやCMなどメディアに出る仕事とがあります。詳しくご紹介していきましょう。

ベビー雑誌やカタログなどの表紙や衣装モデルとして、活躍する仕事があります。写真撮影を行い、その中で様々な衣装を着たり、ポーズを撮ったりして撮影が進められていきます。大将となる年齢幅が決められているので、活躍できる期間は限られてきます。一般公募されることも多いのですが、狭き門となっています。

特に活躍の場が限られている仕事が、CMやドラマなどメディアでの仕事です。オムツのCMなど、ベビー用品のCMもあれば、ドラマで赤ちゃん役として活躍することもあります。こちらは、ほとんどが事務所に所属している赤ちゃんが活躍しているので、メディアに露出したいのであれば、まずは事務所に所属する必要が出てきます。というのも、撮影を円滑に進めるためにも、撮影自体に慣れている赤ちゃんを起用したいと思っているスポンサーなどが多いので、スクールでレッスンを受けている赤ちゃんを求めているからなのです。

オーディションでは、赤ちゃん月齢や特性をピンポイントで求められることが多いので、数多くオーディションを受けて勝ちとっていくことが大切です。

オーディションでモデルに

ベビー用品のCMや雑誌などで見かける、愛らしい表情の赤ちゃん。ドラマや映画、キッズ番組などでもたくさんの赤ちゃんが活躍していることをよく見かけます。この赤ちゃんたちの多くは、赤ちゃんモデルなどとしてオーディションを合格して、活躍している赤ちゃんがほとんどです。

赤ちゃんがいる親御さんの中には、ぜひ我が子も雑誌やテレビで活躍させたいと考えたことがある方も少なくないのではないでしょうか。可愛い我が子を多くの人たちに見てもらいたい、将来子役などとして活躍させたいからそのステップにしたいなど、赤ちゃんモデルにしたいと思う同期は色々あると思います。では、赤ちゃんモデルとして活躍することには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

赤ちゃんがご家庭にいたことがある方ならわかると思いますが、赤ちゃんは日に日に大きく育っていき、顔立ちや体格もどんどん変わっていきます。ひと月もすれば、一目見てわかるくらいの成長をすることも珍しくありません。そんな中で赤ちゃんモデルとして活躍することで、雑誌やテレビなど様々な場面で成長記録を残すことができます。

また、後に子役などとして芸能界で活躍させたいと考えてみえるのであれば、少しでも早くメディアへの露出をしておいたほうが有利に働くことも多いです。このように、赤ちゃんモデルとして活躍することは色々なメリットがあります。ここでは、実際に活躍するためにはどのようにすれば良いのかということについて、詳しくご紹介していきます。